施療案内記事一覧

足の指を一本ずつ丁寧に施術します。血液の折り返し点の指先から詰まりを取るので血流がよくなります。爪のまわりにある井穴と言われるツボも刺激しますから自律神経が整います。免疫学の権威、安保徹先生の「爪もみ療法」の強力版とお考え下さい。指の腹側、足の裏側もくまなく擦ります。足裏には、有名な湧泉と言うツボや沢山の反射区が存在します。オルゴンリングで擦ると内臓機能が活発になります。また足は、体を支える土台で...

足の末梢施療に次の手の末梢施療が加わります。指先にある動静脈吻合部と呼ばれる弁を開いて血流を改善します。また手も足と同じよう肺経、大腸経、心包経、三焦経、心経、小腸経と言う経絡が通っており、爪の生え際に井穴があります。このツボを中心に刺激すると自律神経が整います。手の甲、掌を擦り手首まわりを施術します。指から施術をすると手がポカポカしてきます。これは、弁が開いて末梢部に血液が集まりだした証拠です。...

手足の末梢施療に体幹の施療が加わります。腹部の硬い部分を探りながらリングで優しくほぐしていきます。足の末梢施療をすると内臓の血流まで良くなります。特に骨盤内臓器の血流が改善されますので生理痛がなくなったり、ホルモンバランスが整い更年期障害が改善するケースがあります。上半身の歪は、肩甲骨に表れます。手の末梢施療をして上半身の血流を改善してから肩甲骨周りをリングでほぐすと肩が驚くほど軽くなります。背骨...

鍼灸治療は、いまや世界保健機関(WHO)からさまざまな症状に効果があると認められており、世界中で認められた治療法です。経穴(ツボ)を刺激するために専用の鍼や灸を使います。治療に使う鍼は髪の毛程度の細さなので、刺したときの痛みはほとんどありませんが皮膚には痛みを感じる点(痛点)があり、ごくまれにチクッとすることがあります。鍼灸といえば「頭痛、肩こり腰痛に効く」「東洋医学」をイメージをされる方が多いの...

美顔鍼とは、鍼によって気の流れを良くしたり経穴(ツボ)を刺激することで、顔のお悩みを改善する施術です。鍼は、髪の毛よりも細いものを使います。 鍼が刺さっているという感じはあっても、痛みはほぼ感じません。頭部、顔面への優しい刺激が リラックス効果を生みウトウト眠ってしまう方もおられます。鍼で、皮下組織を優しく刺激すると 真皮の毛細血管の血流が良くなり、基底層で新しい表皮が活発につくられるようになるの...

TOPへ