血管が危ない!記事一覧

有名な内科医ウィリアム・オスラー博士は、「人間は血管とともに老いる」と言う名言を残しました。血管は、動脈・静脈・毛細血管と大きく三種類に分けることができます。動脈は、心臓から送り出された血液が勢いよく流れるので丈夫にできています。しかし、動脈硬化が進行して詰まったり切れたりすると即命に係わる、脳梗塞やクモ膜下出血などの脳血管障害、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患になってしまいます。静脈は別名「貯...

血管の長さ動脈・静脈・毛細血管をつなぎ合わせると長は、約10万キロメートルで地球2周半すると言われています。そのうちの99%を毛細血管が占めています。

高脂血症や高血糖など血液の質が悪いと毛細血管は、捻じれて変形していきます。血液がスムースに流れず内皮細胞が傷つくことが原因です。食生活の改善と血流改善が早急に必要です。

若いころピチピチと瑞々しかったお肌も年を重ねるごとに小じわやタルミ、クスミなどが少しずつ増えていきます。紫外線や乾燥が原因ですが老化による表皮や真皮の変化が主な原因です。老化は毛細血管の減少です。

壁細胞が剥がれて内皮細胞の連結が弛みます。血液成分が漏れ出し毛細血管が脱落していき、ゴースト化が進みます!オルゴンリングで手足の先から血流を改善!血液を流せば流すほど内皮細胞の連結が強まり漏れが止まります。毛細血管は、修復されます。

TOPへ