オルゴン療法とは記事一覧

越野稔先生が考案された健康法です。誤診と薬害に苦しみ、死の病を体験された越野稔先生が「薬に頼らず、副作用のない、病気を治す方法、痛みを取り去る方法はないだろうか・・・」と研究を重ねて開発されたのがオルゴンリングとオルゴン療法です。

勢いよく流れる水は、清らかで透きとおった命の水です。流れに滞りが起こると水は澱んで、異臭を放つようになります。健康とは、体の中を流れる気・血・水が滞りなく循環している状態です。気⇒原気:元気とも言い、先天の精が変化して生じたもので後天的に摂取される栄養によって絶え間なく育まれる。血:血液のことを言う。水:身体内にある水分の総称。リンパ液・細胞内液・細胞間質液鍼灸医学事典より気・血・水の流れに滞りが...

オーストリア出身の精神医学者ウイリアム・ライヒは、1939年に自身が発見したとされる自然界に満ち溢れている生命エネルギーをオルゴンと名づけました。東洋医学の「気」と同じ意味と思われます。気とは、世界を構成する最も基本的な単位であり、宇宙に存在するすべての事物を自らの運動・変化によって創出する基礎的な要素である。人体もまた、天地の気を受けることによって生成される。また人の生命活動においては、気と言う...

TOPへ