私がオルゴンにハマった理由!記事一覧

始まり 友人のT君からの電話が始まりです。「前立腺がんの腫瘍マーカーが高くなってしまった!」「鍼で治らないだろうか?」と言うのです。しかし、ガンなんて鍼灸師の自分の手に負える病気ではありません。ちゃんと病院で診てもらうように言いました。 ところがそのT君が数日後、オルゴンリングを持ってうちの治療院に来たんです。何でもお兄さんが「オルゴンと言う凄いものがあるよ!」教えてくれたとかで、近くでオルゴン療...

白い粉 毎日末梢施療を続けていたら、爪の生え際の角から、白いものが出てきました。リングで押すと、中から押し出されるように白い大きな塊が出てきたのです。今まで飲んだ薬なのでしょうか、それとも老廃物なのでしょうか。「これが本に書いてある噂の白い粉?」と思いました。 爪の生え際の角には、ちょうど井穴と言うツボがあるところです。鍼には、刺絡療法と言って、井穴のツボに鍼を刺して少量の血を抜くという治療法があ...

ピクピク動く鍼 Oさんと言う71歳の男性は、坐骨神経痛のほか、足の冷えや泥状の便を訴えていました。脾経のツボである太白が虚して凹んでいる脾虚証だったので、右足の大都、太白、三陰交に置鍼をして、左足の親指の爪のまわりをオルゴンリングで擦りました。 すると、太白に打った鍼がピクピクとまるで当たりが来た釣り竿のウキのように動き出したのです。擦った振動で動くのとは明らかに違いました。足に気が流れだしたため...

高を括る オルゴン療法のやり方についてもっと詳しく知りたいと思いT君に相談しました。T君が行った滋賀県の治療師さんを紹介してほしいと頼んだら、彼が直接越野先生に電話をして頼んでくれたんです。マンツーマンでオルゴン療法の指導を越野先生から受けることができました。 やはり本物は凄かったですね。全然違いました。1年以上毎日自分で自分の足を擦っていたのでそんなに痛くはないだろうと正直高を括っていました。D...

TOPへ